RSS

5)無意味な後継云々~ドラマの最後のシーンを見て

<明けの明星>

真のお父様の聖和時に、殆どの韓国のマスコミは文亨進会長を宗教後継者として、文國進理事長を経済後継者と称した。北朝鮮に弔問を受けに行った時、平和自動車朴サングォン社長は文亨進会長を指して、統一教の宗教後継者という表現を使って北の指導者に紹介した。そして財団対外協力室の安某室長もマスコミとのインタビューで頻繁に、文亨​​進会長が宗教部門を文國進理事長が経済部門を受け継ぐ後継者だと説明した。

彼らは本当に後継者になりたかったようだ。ただ世界会長、財団理事長という表現に満足するよりも、後継者と呼ばれたかったようだ。ところがお父様のみ言選集600冊のどこにも、お父様の死後に一人の後継者を立てるという言葉はない。後継者という表現は、私達にとって非常に馴染みのない用語であった。少なくとも文亨進会長が、世界会長になる迄は使用していなかった用語である。お父様はいつも12部族を編成すると言われた。ある時は清平に食口達を集めてくじ引きをさせ12部族を編成し、ご子女様達を12部族長に指名されたこともあった。12部族という概念は、モーセの時代に登場する。ヤコブの12人の息子達の子孫が12部族になったのだ。モーセを中心としたカナン復帰路程で12部族がモーセを中心にエジプトを出発して、荒野を越えてカナンを征服した。部族長達はモーセに代わって部族を率いて行く存在である。従って、モーセの代行者と見ることが出来る。

ご子女様がお父様の代行者・相続人にならなければならないという事に、私は反論や異見はない。それはお父様の摂理的使命に対する分野別代行者・相続人を意味する。12部族とは必ずしも氏族として解釈するよりも、12分野の代行者・相続人を意味すると考える。12という数字が原理で意味するようにである。ご子女様は皆このような12部族のお父様の代行者・相続人とならなければならない。ところで、後継者という言葉を好む彼らを見ながら私は、彼らがお父様の摂理的使命の継承、つまり利他的真の愛ではなく、物欲と権力欲に捕らわれていると見た。結局、彼らは後継者という言葉を好んで使用し、また後継者でなければならない理由は、死ぬまで誰にも侵害を受けたり奪われずに、全てを永遠に独り占めすることが出来るからである。

聖書には、『欲望をはらんで罪を生み、罪が成長すると死を生む』という言葉がある。自己を中心とした欲望は、結局人間を罪に導いて行く。文亨進会長が世界会長として、米国会長に発令した文仁進様の堕落はそのような誤った欲望の結果である。また、今日の統一家指導部の腐敗と堕落は、み旨と摂理や利他的真の愛から逸脱した自己中心的な欲望がもたらした結果である。彼らは罪に捕らわれていて、死亡の道を行っているのである。文顯進会長は去る2010年、あるマスコミとのインタビューで 『後継云々は無意味なドラマ』と話した事がある。全く妥当な言葉である。企業は株式を継承すると後継者となるが、宗教は信徒を継承することは出来ない。根本的に本人自らの努力によって信徒達から尊敬を受けなければ誰も従わない。父親が偉大な宗教指導者だったら、息子にその父の後光を浴びせるよりは、越えなければならない山となるだろう。父親よりもっと偉大にならなければ、人々はたやすく尊敬しないからである。従って真の後継者になる為には、その父よりももっと自らを犠牲にし努力して、より多大な尊敬を得るように覚悟しなければならない。父にせがみ、母にねだって成されるものではない。

このような事実を、後継者になりたかった二人の兄弟が知っていたらどんなに良かっただろうか。

今のように追い出されることはなかっただろう。今日、我々はその無意味なドラマの最後のシーンを見ている。見た感想を言うなら、たった一言で『本当にほろ苦い』である。

http://cafe.daum.net/W-CARPKorea/cSkJ/18420

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。