RSS

5)人権犯罪を犯す日本統一教会

                                            2012.06.02  匿名討論コーナー

言論の自由とは、新聞社や放送局の自由を意味するものではない。
言論の自由とは、誰でも自分の意見を表現することができる自由をいう。
つまり、Freedom of Speechである。

集会や結社の自由とは、誰にでも集会や結社を作ることができるという自由を意味する。
これは、人間であれば誰でも平等に享受できる、天が付与した天賦の人権である。
これらの権利を侵害することは人権蹂躙だ。
人権犯罪とは、最も醜い犯罪である。

人類の歴史は、原理も述べているように自由を得るための歴史であった。
人間が創造本然の自由を得るための路程は、遠く険しかった。
多くの人が血を流し、先祖の苦労と犠牲の土台の上に、自由を勝ち取ることができた。

ところが今、統一教会の人々は、自らの自由を放棄している。
沈黙しているからだ。
私達は、この死のような沈黙を破らなければならない。

顯進様が主催したという理由だけで、日本教会は、テロに近い蛮行を犯している。
一昨日まで共に働いていた同僚たちの写真を、手配中の犯人のように、全国に向けて、またインターネットで公開した。

顯進様が主催するGPLCを防ぐため、講演者に対して圧力を行使し、ホテルを脅迫し、行事を出来なくし、統一教会信者たちに参加不許可の公文を出し、挙句の果てには、行事会場まで来て、行事に参加する人に参加しないように勧めた。

何よりも醜い犯罪は、顯進様と共にいる人に「郭グループ」という朱字の烙印を焼き付け、挙句の果てには、会ってはならない悪魔の表象として宣伝している。
明らかに人権犯罪だ。

目を覚まさなければ、天の怒りから免れられないだろう。
月も蹴ると、傾くものである。
もう、行き場のないドラマの最終回だけが残っている。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。