RSS

5)郭グループと郭錠煥会長の実体は明らかにされるべし-4

 

2012.06.18   金ヨンソン

 実名 討論房

 

1.郭錠煥会長の清廉度は政府監査機関が検証した。

私はこの情報を入手し整理しながら自分は40年にわたる統一教会食口として実に無関心無頓着に生きてきたという自己恥辱感を振り切ることができなかった。いくら一介の統一教人として非主流において生きてきたと言えども、統一教の指導者たちが全て知っているいろいろな事実を私だけ知らずに生きてきたからだ。ここに紹介された内容は、意志さえあれば、これに対する真否はいくらでも確認することができると思うが、私が知っている真実を兄弟たちと分かち合おうと思う。

IMF当時に統一グループの財政状況が最悪の状態だったということは皆が周知のことであろう。どれほど困難だからといって、今焦眉の関心になっている汝矣島聖地を担保で数千億ウォンの資金の貸出を受け緊急輸血をしたのだろうか。

統一グループ内の会社が不渡り処理されて沒落する状況において天佑神助により法廷管理を受けるようになって、公的資金の支援を受け命脈をつないでいたということも全て周知のことであろう。

ところが当時、財閥グループが公的資金の支援を受けて会社の正常化に投入せずに財閥グループのオーナーたちが私的に流用していたことが露出し、社会の指弾を受けるようになった。

当時の新聞の社会・経済面は政府から公的資金の支援を受けた財閥が会社の正常化は後回しにして財閥のオーナーたちの私的資金に流用して法の網に引っかかった事例が知れ渡りつつあった状況だった。

それゆえ国民が政府当局に監督不実の責任を問い批判の世論が降り注ぐや、政府は見せしめとして疑がわしい幾つかの財閥を選んで検察庁、国税庁、警察庁、銀行監督院を総動員して集中監査を受けさせた。

この監査の対象となった財閥の中に統一グループの郭錠煥会長が標的にされ集中監査を受けた。

郭錠煥会長は検察庁、国税庁、警察庁、銀行監督院の機関から監査官たちが派遣され、郭錠煥会長周辺(一家・親戚)を隅々まで口座追跡を通じて虱潰しに調査したということも、統一家の指導者たちの中で知っている人々は全て周知のはずである。

当時の郭錠煥会長は財団理事長ではないにも関わらず、文鮮明総裁の寵愛を受けている統一グループの中心人物という理由一つだけで国家政府の標的になった監査だったということも統一家の指導者たちは全て知っているはずである。

しかし、郭錠煥会長に対して政府各機関の監査官たちが全て動員されて監査した結果、唯一件の非理も不正も公金横領も発見できなかったという事実も、統一教の指導者たちは全て知っているはずである。

それだけではない。

正確な日付は記憶していないものの、2001年度のことだったと記憶しているが、郭錠煥会長は当時、世界日報社長に保守的性向が強い人事をお父様に申し上げて社長に就任させた。

当時の大韓民国の時局状況が左翼一辺倒の時局であるのを憂慮した措置と理解できる。

ところで、これが金大中政権の憎しみを受けるようになり、政府機関は6ヶ月間にわたり初めから財団に陣取って郭錠煥会長の周辺の姻戚たちの口座を追跡するなど、郭錠煥会長の周辺を虱潰しに家捜しして調査したことも、統一家の指導者たちは全て周知のはずである。

ところで調査した政府監査官たちは郭錠煥会長の清廉度に手を挙げたのみならず、却って賞を差し上げなければならない方だという後日談を残して監査を終了したという歴史的事実も、統一教指導者たちは全て知っているはずだ。

当時の政府監査官の中に「文○○」という方がいたが、ある日、郭錠煥会長を訪ねて来て、心から謝罪したという逸話が知られている。

日頃から彼は郭錠煥会長を疑い、最高検察庁の中央捜査部から渡された資料を中心に徹底的に調査してみたけれども何もないという結論を出して、郭錠煥会長を訪ねて来て容赦を求めたという逸話も統一教の指導者たちは全て知っているはずだ。

こういった事由から政府監査機関では既に郭錠煥会長の清廉度についてだけは自他が信頼する方だということも、統一家の指導者たちはよく知っていることであろう。

我々のような愚昧な一般食口たちだけがこういう歴史的なことを知らずにいたのだ。

もし統一家の指導者たちが主張しているように郭錠煥会長が真の家庭に不順な欲心から侵入して公金を横領したことが僅か一つでも事実として明らかにされていたならば、郭錠煥会長は今頃は刑務所にいなければならなかったはずではないか。

 

2.郭錠煥会長の清廉度は既に統一家の監査機関でも検証されたと思わなければならない。

2005年度以後に誰かによって郭錠煥会長の公金横領のうわさが統一家に執拗に膾炙されていたということは周知の事実だ。

このうわさに最も鋭敏に反応を見せたK進様は郭錠煥会長に対し疑惑を抱くようになり、各種事業を推進しながら公金を横領したという疑惑を明らかにしようと財団の会計士と弁護士を動員し、1年以上にわたり郭錠煥会長の非理と不正を捜す為に虱潰しに調査したことも祝福家庭の間に膾炙されている。

また、K進様は全ての特権と権限を利用して郭錠煥会長に対する不正と非理内容を立証する為に調査をしたいほどだけに、思い存分なさったものと思われる。

K進様は郭錠煥会長にだけ局限して監査権を行使したわけではなかったと思われる。

それまでお父様の絶対的な信頼を受けて統一グループ内の摂理機構と一般事業機構を専任した全ての公職指導者たちを対象に包括的な監査権を発動して不正と非理を調査し、公職者たちの不正と非理の嫌疑について一部資料も確保したものと思われる。

どれほどの事情があってK進様が過去に公職を任せられた指導者と先輩たちに「泥棒ども」という不信の憂慮の言葉を吐いたという逸話が祝福家庭たちの間に膾炙されたのだろうか。そうして当然の理由があったと思われる。

これについての実証的な事例としてH○○代表の例を挙げることができよう。

2011年3月26日に統一家の兄弟たちは財団の実務陣から実に信じられないH○○代表の不正と各種の公金横領についての内容を聞かされるに至った。

お父様から絶対的な信頼と期待を受けていた指導者だっただけに、統一家の兄弟たちは衝撃を受けざるを得ず、この事件を基点にH○○代表の外的な活動は多くの制約を受けていることも、知る人は全て知っている。

H○○代表は K進様とは如何なる悪縁もなかった方と知られている。

当時の統一グループの対内摂理は國進様と亨進様が主管なさり、外的摂理は○○代表が中心になって推進してきたことも全て周知の事実だ。

ところが或る日、財団側で統一家の兄弟たちに黄○○代表に関する衝撃的な公金横領事件を暴露した。それに続いて何かの誓約書も受け取ったとの噂もあった。

統一家で公金横領、人事権非理、心情蹂躙等の犯罪を犯した人物はそれだけで統一家の兄弟を代表する資格を喪失する。人格的信頼に致命的な傷を負うからだ。

統一家においてH○○代表とはどういう人物か。

郭錠煥会長以後に統一グループにおいて世の人々にお父様の代弁者としての役割をした人ではないか。お父様の信頼が絶対的な方ではなかったのか。

それにもかかわらず、K進様はH○○代表の不正と非理を見つけた時に容赦なく暴露し、結局誓約書まで書かせた。

K進様がお父様から絶対的な信任と信頼を受けているH○○代表の不正と非理を明らかにしたが、K進様側から公金横領の疑惑を受けていた郭錠煥会長の不正と非理を明らかにする為にどれほど執拗に調査しただろうかは想像に任せることにしよう。

もし現在、統一家の指導者たちが主張するように、郭錠煥会長の不正と非理があったなら、どうしてK進様の1年余りに及ぶ厳重な監査において僅か一件すらも不正と非理を究明することができなかったのか。

K進様はかつて2005年度から「泥棒ども」という疑惑を持って財団の各種責任者たちに対する監査をしてきたはずであり、特に郭錠煥会長に対する監査は最も厳重に行ったはずだ。

それにもかかわらず、K進様が今まで郭錠煥会長に関する一件の不正と非理をも立証するに値する具体的内容を指摘することができなかったということは何を意味するのか。

公金横領をしたという意味だろうか。それとも郭錠煥会長が関与して主管してきた統一グループの対内的な全ての公的資金管理が100% 清廉潔白だったという意味だろうか。

郭錠煥会長の清廉潔白度は普段からの生き方の内容が質素と節約を基準にしていたということが真の家庭から祝福家庭に至るまで検証された結果であって、国家監査機関から統一グループ内部監査機関に至るまでがその清廉度の完璧さを明確に検証した結果になったことを否定できないと思われるが、そうではないだろうか。

果して統一家の指導者の中で国家監査機関や統一グループの対内監査機関によって完璧な清廉潔白度が立証された指導者が郭錠煥会長の外に誰がいるのか。大韓民国を総じて見て、どの指導者が郭錠煥会長に匹敵するに値するだけの、監査機関から検証された清廉潔白な指導者だといえるのか。

それにもかかわらず、詐欺罪に連座して世の中の法に触れ刑務所収監生活をした指導者が涙と鼻水を流しながら郭錠煥会長の公的資産奪取を言及し、挙句の果ては虚偽に汚染した兄弟たちが公金横領により豪華贅沢三昧の生活をしていると悲憤慷慨するという姿が正当な姿と言えるのか。

真実を知りたい兄弟たちは郭錠煥会長の自宅を訪ねて贅沢三昧の生活をしているのか確認してみてもらいたいが、訪ねてはいけないだろうから、訪ねてみて実際の生活を見た方の証しを以下に紹介する。

誰かが郭会長の自宅を訪問しようと提案し、好奇心を持って行ってみた。

面識のある人々が十人余りが来ていて、意外に狭い応接室に窮屈に座っていた。私もお茶一杯飲んで帰ってきた。アパートはきれいな方だったが、しかし25坪ほどあるかと思われる家に、部屋に入ってみはしなかったが、ソファ-や置かれていた家具も寧ろ私たちの家よりも貧しそうな印象を受けた。

所謂「大統一教の最高幹部」であり、世界的な文総裁の姻戚であり、「万人至上者にして一人至下者」(崇高さにおいては万人の上にあるが、一人にあっては謙虚極まりない者)の首長として数十種の職責を持ち世界を股にかけ数十年間公職をなさった方の生活環境にしてはあまりにも愕然とさせられる姿だった。

資料出処:2012年6月13日 http://cafe.daum.net/W-CARPKorea

 

信じられなければ直接行って確認してみてから呪詛しても遅くはない。今は他の所に引っ越し、江東に住んでおられるものと知られている。

今まで自分たちも信じられず確認もできない嘘ばかりを信念化し郭錠煥会長を呪詛しながら後ろ指を差してきたその指、蔑視してきたその目、思いきり皮肉りながら憎悪を増幅させてきたその口が神様と真実と摂理的良心の前に果して如何なる待遇を受けるものか悩んでもらいたい。

偽りの殻を着て真実を装った鉄面皮の統一家の指導者たちよ、君たちに口がついているなら、もう嘘を続けるのは止めて、この状況に対し然るべき解明をしなければならないのではないか。

君たちの無責任な嘘が無知な兄弟たちを悪鬼に仕立て上げ、どれほど摂理を台無しにさせつつあるのか、両の眼を覚まして、よく調べてみるがよい。これから統一家の歴史家は君たちに責任を問うであろうし、君たちの子孫は地を叩いて痛哭することであろう。

明日ではもう遅い。一日でも早く悔い改めてもらいたい。

 

3.今や統一家の指導者たちが解明すべき番だ。

以下の事項を必ず統一家兄弟たちに解明しなければならないはずだ。

第一に、郭錠煥会長が一体、公的資金をいくらを横領し、本人は勿論その子女たちの名義に如何なる方式でいくらのお金を回しておき、豪華贅沢三昧に生活して蕩尽しているのか、その具体的な金額を明らかにしなければならない。

第二に、郭錠煥会長とその子女たちが公的資金を奪取して一体どういう方式を経て私的に蕩尽し流用した事例と実際を5W1H(誰が、いつ、何処で、何を、何故、どのように)の原則に従い具体的に明らかにしなければならない。

少なくとも50年以上お父様の下で生涯を通じて天の前に忠誠した方を逆賊や背信者として断罪する為には最小限この位の実証的事例だけでも提示しなければならないのではないか。

君たちが真実の統一教人なら、嘘のような噂ではなく、君たちが見て確認した内容をこれから率直に公開しなければならないはずだ。

君たちが真実だったら、確認した実証的な資料があるはずではないか。

悪魔サタンが食べる好物は偽りである。

偽りを食べずに真実を食べた兄弟たちであれば、君たちが確保した資料を見て自信をもって、ありのままに、嬉しく明らかにすることができるはずであり、君たちが偽りを根拠に悪魔サタンの役割を忠実にした立場なら何一つ明らかにできないであろう。

兄弟たちは賢明に真実と虚偽を分別してもらいたい。

兄弟たちよ、誰が摂理を台無しにしている偽りの実体なのかを分別するのは、とても簡単なことではないか。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。