RSS

9)ベン・ローレンツェン(文仁進元会長の相手)の声明文

 

私はあなた方の愛、支援、祈りやお祝いの言葉に心から感謝したいと思います。

文仁進と私の関係のことで驚きとショックを表明した人もおり、多くの方からのたくさんの質問があります。私は真のお父様の聖和セレモニーを尊重したのでいち早く声明文を作らなかったとご理解ください。

私が誰かを傷つけたなら本当に申し訳ありませんと言いたいです。 私は自分の行動に全責任をもちます。

 文仁進と私は、自分たちは祝福家庭であるとみなしています。誰もがこれに同意するわけではありません。それでも、私たちは神と真の父母様と世界の前に約束された関係にあります。私たちは、元気な男の子を持って、私たちの人生の後半で、彼は私たちにとって奇跡だと思っています。

私は最初1992年に祝福を受けましたが、虐待行為のエスカレーションが原因で私は2000年に妻と別れ、ノルウェーの教会に通知しました。結婚生活の8年の間に、私の浮気はありません。彼女はフランスで離婚を申請して、私は署名しましたが、私には理解できないのですが、書類が提出されていませんでした。それゆえ私はノルウェーから、2011年に離婚を申請し、それが今結論を出しています。私の元妻は、共にいてくれる他の人を見つけよう二度努力していると言いましたし、私は最善を尽くして欲しいと思いますが、私は彼女に私の苗字を使うのを止めるようにお願いしました。

.
私の私生活の詳細によって、過去4年以上行われたラビンライフ·ミニストリーズでの良い仕事が消し去られることのないように、心から願っています。

 私は非常に明確にしたいことが一つあります。隠蔽はなかったということです。仁進のスタッフは誰もが私たちの関係を知っていません。ごく少数の友人は仁進と私が一緒になる意図があることを知っていました。誰も、直接の家族以外、私たちが子供をもったということや、私たちの関係の内実を知っていませんでした。この点である人々の主張は虚偽で誤解を招く恐れがあります。

私は幸せな家族が平和な世界の礎であることを信じています。満足した人は誰にも非難を投げる必要がありません。私も、私の精神的な成長と成熟に取り組んでいます。私たちが全力を尽くしている限り、誰にとっても希望があると信じています。

私がアメリカに来て、たくさんの素晴らしい人々に会っているこのような機会を与えられていることが信じられないほど幸運だと感じます。幸せな家庭を構築する理想に向かって共に働く文仁進と同じぐらい素晴らしい誰かとともにいるという地球上で最も幸運な人として自分をみています。世間がどのように言おうとも、彼女と一緒にいるという祝福に見合うものはないと感じています。

私は彼女がどのようにアメリカでの運動を変革したのかのを見ました。私は彼女と彼女のチームがどのように手を差し伸べて、すべての年齢層の人々を興奮させたかを見ました。私は、彼らは価値がないと虐げられたり、場違いにいるかのように感じた人などを、いかに抱擁し、愛と同情と、気配りをもって引き上げたかを見てきました。私はいかに女性が指導的な立場を取ることを奨励されたかを見たし、誰もが真の父母様の誇るべき遺産を尊重し、情け深く、優れていて自信に満ちた人間であることがいかに要請されたかを見ました。ミュージシャンとして、日曜礼拝で音楽のすべてのジャンルを舞台にすることができるという、この活動の中で成長してきたことは刺激的で真に革命的でした。私は文仁進と彼女の周りのチームそして彼らが達成しようとしたことを非常に誇りに思っています。私は本部の兄弟や姉妹と密接に働くことが特権でした。彼らは、私が知った中で最高の人々です。

 私はアメリカのための新しいリーダーとしての文亨進氏の偉大な成功をお祈りしております。

 神様があなたのすべてを祝福しますように

ベン·ローレンツェン

I would like to thank you from the bottom of my heart for your love, support, well wishes and congratulations.

Some have expressed surprise and shock about my relationship to In Jin Moon, and many of you have many questions. Please understand that I didn’t make a statement earlier out of respect for True Father’s Seung Hwa Ceremony.

I want to say that I am truly

sorry if I hurt anyone. I take full responsibility for my actions.

In Jin Moon and I consider ourselves a blessed couple. Not everyone agrees with this. Nevertheless; we are in a committed relationship before God, True Parents and the world. We have a healthy baby boy and we feel he is a miracle to us, late in life.

I was first blessed in 92, but due to escalation of abusive behavior I separated from my ex-wife in 2000 and notified the church in Norway of our separation. During eight years of marriage, I never cheated on her. She filed for divorce in France, and I signed, but unknown to me the papers were not submitted. I therefore filed for divorce in 2011 from Norway and it is now finalized. My ex-wife told me that she has tried twice to find someone she can be with and I wish her all the best, but I ask that she stops using my last name.

It is my sincere hope that the details of my personal life does not take away from the good work at Lovin Life Ministries that was done over the last four years.

I want to make one thing very clear: there was no cover up. Nobody on In Jin Nims staff knew of our relationship. Only a few friends knew that In Jin and I intended to be together. No one, except immediate family, knew the nature of our relationship or that we had a baby. Some people’s claim in this regard is false and misleading.

I do believe that happy families are the cornerstones of a peaceful world. Content people do not need to throw accusations at anybody. I too, I’m working on my spiritual growth and maturity. I do believe that there is hope for everyone as long as we try our best.

I feel incredibly lucky to have been given this opportunity to come to the US and meet so many wonderful people. I see myself as the luckiest person on the planet to be with someone as wonderful as In Jin Moon to work together towards the ideal of building happy families. No matter what the world says I feel like nothing can match the blessing of being with her.

I saw how she transformed the movement here in the US. I saw how she and her team reached out to and got people of all ages excited. I saw how they embraced those who felt out of place, unworthy and downtrodden and how they uplifted them with love, empathy and care. I saw how women were encouraged to take up leadership positions and how everybody was urged to be compassionate, excellent and confident human beings who respect the proud legacy of True Parents. As a musician, having grown up in this movement, being able to canvas all genres in music at a Sunday service was inspiring and truly revolutionary. I am very proud of In Jin Moon and of the team around her and what they managed to accomplish. It has been a privilege for me to work so closely with brothers and sister at Headquarters. They are some of the best people I’ve known.

I wish Hyung Jin Moon great success as the new leader for USA.

May God bless you all

Ben Lorentzen

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。