RSS

3)金孝律氏の発表に対する金慶孝の公開書簡

                                               2010.04.12

 

 

あなたは顯進様が、UCIの資産を売っており、南米にある膨大な土地資産を自分の所有会社に回しているという主張をされました。そして、平和大使館が安全ではないという話までされました。

 

金孝律補佐官

 

あなたが、遊天宮世界指導者会議で発表された内容に触れ、私は悲しみと憤りを抑えることができず、個人的感情を抑えるまでに長い時間を必要としました。今日、私は、あなたが発表された内容に対して私の率直な考えと結論を書き、補佐官の発言内容と共に、全ての祝福家庭の前に公開しようと思います。

 

それは、神様と霊界が生きて役事され、祝福家庭の純粋な魂が、この間違った難局を解決してくれるだろうという信仰と確信からです。

 

金補佐官は40年間、真の父母様と真の家庭に侍って来ました。その公職の立場を利用し、最もひどい方法で顯進様を公開審判されました。

 

神様が頭を垂れ、真のお父様の嘆息が天に届く恥辱の日でした。

 

真の父母様の90歳の御聖誕慶祝期間中に、金補佐官が行ったこの公開発言は、人々に何度も読まれ、祝福家庭による冷厳な歴史的評価を受けることになるでしょう。彼らは、この発言の表面的な主張に簡単に同調するよりも、内面にある狡猾な意図を見出し、今日のこの悲劇的状況が、なぜ起こったのかに対して、重要な手がかりを得ることになるでしょう。

 

私は、金補佐官が語られた内容に対して、一つ一つ反駁したいとは思いませんし、また、そうする必要もないと思います。私がその発言に触れ、表現できない失望と憤慨、矛盾を感じたとしたならば、その場にいた全ての指導者や世界の全ての祝福家庭も、同じように感じるだろうと信じているからです。

 

私は、金補佐官を“信頼”の文化を破壊した張本人だと思います。敢えてそのように主張する理由は、発表された内容の一句一節ごとに感じられる、金補佐官の非原理的、かつ捻じ曲がった観点のためです。

 

金補佐官が、このような主張を発表しようと決心したならば、それらの内容を裏づけることのできる、確固とした論理と証拠を提示しなければなりません。嘘を並べ立てる朴珍用弁護士の発表内容や、検証されてもいない人の話や、自分の考えに根拠を置いて、これを確信するとすれば、それはどれほど危険千万な発想でしょうか。

 

例を挙げれば、“お父様自身は真の家庭をなすのに失敗した”、“顯進様は嫉妬心、敵対感情、うらやましさ、そしてこれにつらなる諸々の感情を感じた”“彼(顯進様)は5年前からこれ(分裂の策動)を始めた”“戦闘を開始するのに十分な砲弾と銃を確保することのできる基盤を準備をしてきた”等と表現しながら、このようなことを聞いたとか、このように感じたという程度の荒唐無稽な根拠でもって、真の子女様と祝福家庭を、あたかも魔女狩りでもするように追い立てて良いのでしょうか。

 

顯進様に従う人たちに対する、あなたの皮肉に満ちた表現は、喜んで甘受するとしても、あなたの捻じ曲がった判断基準と、根拠のない主張で、真の父母様と真の子女様の間が、無残に引き裂かれてしまうことは、今後も絶対に許すことができません。

 

私は、私の良心の基準に従って、今回発表された内容と、これまでに補佐官がしてこられた全ての不義の過程を、祝福家庭に対して公表するつもりです。これに関するどのような意見に対しても、謙虚に尊重し、悟りの機会とするつもりです。如何なる脅迫も、不義を明らかにしようとする、私の言葉と行動を妨げることはできないでしょう。

 

Father’s Trailで

雪松之淚

金慶孝

 

Blog モンタナからの希望のメッセージ http://montana2013.tistory.com

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。