RSS

7)文亨進世界会長に差し上げる要請文  ハ・ドゥリョン

2012.08.12  ハ・ドゥリョン 釜山蔚山教区 勧士

URL:http://damalhae3.blogspot.jp/2012/09/12-122-0-2012.html?spref=tw

http://cafe.daum.net/W-CARPKorea/cSkJ/17777

昼夜、ご父母様のそばを離れず密着して侍る生活に余念がない世界会長様!

私は40年間余り神様のみ旨と真の父母様のみ言に従順にして一度も祝福家庭としての自負心を失わないで生きてきた釜山教会の勧士、ハ・ドゥリョンです。

 ところで去る8月5日聖日の朝、私の娘の二世・タヨンが、まさにここ天福宮本部教会の前で、三人の元老食口に対する不当な教籍剥奪処分に抗議する1人デモ をしていた時に本部教会食口から集暴行 にあったという知らせを聞いてしばらくは口惜しくて衝撃的な感情を抑えきれませんでした。天福宮 暴行事件2

 どうしてこの本部教会では牧会者が食口をどのように信仰指導したら、憲法に保障された平和的な集会と表現の自由を、暴力で阻止しようというのでしょうか。本部教会ならば草創期の私たち食口には、あたかも故郷の家と同じ、実家と同じ懐かしさの対象ではなかったですか。

 ところが世界会長が堂会長として赴任してから、本部教会はとても異質な教会に変貌しました。礼拝途中に不思議な太鼓の音を出し、神の宮であり本然の血統と連結された天一国主人でなければならない祝福家庭が、突然、僕や奴隷の身分に墜落するかと思えば、罪人として雌伏しながら、何かの振動を送ると言いながら、身体をねじってか呪文を唱えるように億万多く繰り返す動作は、教会の聖殿ではなく三流の堂を連想させます。

文亨進世界会長!

 どうして全国の数百の教会の中で今までただ一ヵ所も本部教会に倣う教会がないのでしょうか。これは他の言葉で表現するなら、世界長を見習いたい教会がただの一所もないということです。つまり、文亨進世界会長の牧会は完全に失敗作という意味です。
文亨進世界会長!

 家庭で起きる問題は、家長が主な責任を負わなければならず、組織ではその組織の長が、そして国家では最高統治者が責任を負わなければならないように、今日私たちの教会に山積した難問題は、世界会長が責任を持って解決していくべきです。いつまで第2線に立って責任を回避されますか

文亨進世界会長!

 今日、私は本部教会前の広場で、そちらに所属の食口から不正な暴行にあった二世の娘の出血した傷天福宮 暴行事件1を眺めながら、加害者に対する憤怒より、むしろそれを幇助して黙認した世界会長の指導力と牧会能力に激しい懐疑を感じています。会長がこの本部教会に堂会長として赴任した3年余りの間の業績が如何なるものでしょうか。

 真の家庭の一員である兄をサタン、堕落アダムと背後でそそのかして断罪した仕事と、食口相互間に敵愾心を助長させ、派閥争いに熱中したあげく、暴力を誘発させたこと以外に、真の愛と和解と容赦と安息を食口らの心に植え付けたことがあったでしょうか。今、私たちの教会に希望があり世の中に誇りを持てるというならば欺瞞であり甚だしい錯覚です。

文亨進世界会長!

 もう一度訴えます。神様のみ旨と真の父母様の偉業のために、そして統一家の真の和合と発展のために、直ちに世界会長という重責から退かれるなり、でなければ食口に敬拝しながら自ら足を洗って下さった初心に帰って純粋性を回復するなり、勇断を下さなければならないでしょう。

 また、か弱い二世の娘への暴行に対しても、堂会長としての責任を負って、再発防止次元であっても、公式謝罪と釈明を正式に要求致しますので、誠意ある回答を頂けることを期待します。

 もしこのような私たちの要求が拒否される場合、文亨進世界長は食口の心情と疎通を徹底的に無視し、表裏が異なる二重人格者であり、問題解決能力も、意志もない、名前だけの有名無なカカシ指導者という烙印を押されるだろうということを明確にするものです

ありがとうございます。

2012年.8月12日 釜山蔚山教区 勧士 ハ・ドゥリョン 拝

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。