RSS

1.兄を中心として一つとなれ

 

2008.12.24

真のお父様のみ言電撃公開[1]

 

この時代は、摂理的終末だ。何が真実で、偽りなのかを分別するのが難しい世の中だ。多くの人たちは、摂理の中心であられる真のお父様の本当のみ旨は何なのかを知りたがっている。これまで、教会の指導部が真のお父様と食口たちの間に人の天幕を張っておいて、お父様の指示、み言などを恣意的に解釈し、濫用した結果である。

約3年前の2008年12月24日天正宮で、真のお父様が主宰される重要な儀式が挙行された。ところが、この事件は外部に一切知られておらず、当時どんなことがあったのかについて、若干の噂がされただけだ。誰かの強力な指示が下されたようだった。おそらく、歴史編纂委員会の記録からも削除されただろうと推測する。

永遠に消えるところだったこの事件が、最近、日本の週刊文春の記事で紹介された。すると、同時に、この行事に参加した幹部と思われる人物が、自分のノートを送ってきたのだ。いつの日か真実は明るみに出るものである。神様が生​​きておられ、霊界が見守っているのに、いつまで彼らは天道を愚弄するのだろうか。天の忍耐心も既に限界に達している。ここでは、当時の行事で、真のお父様が語られた内容に関するノートを公開する。

<み言の概要>

天福宮は、急がず慌ててはいけない。始まりは今日からだ。天福宮は聖殿ではなく、人類の宮殿である。期間や資金の基金について、苛立ち焦ってはならない。歴史時代に模範となることができる宮、天国の福を与えることができる宮を建てなければならない。

真の父母様が祝福を与える。私がすることだ。

そして、長子、一番上の兄を中心として受けなければならない。お兄さんを中心として一つにならなければならない。

OOOウォンを与えるならば顯進が受け、それを國進、亨進に伝達しなければならない。

(前に立たせて、顯進様を真ん中に右側に亨進様、左側に國進様の手を取って立たせる)

右側が宗教、右翼であり、左側が左翼サタンの立場

中心なしで一つになることができない

神様なしで一つになることができない

お兄さんなしで一つになることができない。

一つにならないところでは、本部理事たちも一つになることはできない。

真の父母様中心,”長男”中心として一つにならなければならない。

お兄さんが駄目だと言うのは、父母様を否定することだ(二度強調される)

父母を否定するなら、左側、右側に立つ資格がない

新しい聖殿は、祖国光復のために必要である

聖殿は、堕落世界から必要となる。

良く出来ないなら、左側に行く。地獄だ。

暗闇の王のところに行きたいのか。反対の暗闇に行きたいのか。

自分勝手に生きれば、影が生じる。

お兄さんを中心に一つになりなさいという意味を知って、新しい出発をしなければならない。

父母がいないなら、すべての理に合わない。

お兄さんを知らず、弟を知らないなら立つ位置がない…

お兄さんを中心として、前、後、左右の影があってはならない。

一つになっていくなら影はない。

顯進を中心として、両方の手を握って、神様を中心として、顯進の右手を中心として、

万物を代表して王宮を建てることができる 6数 7数 8数 10数……..

天国の憲法を動かす主人の席を作って行かなければならない。

真の血統を中心として捜さなければならない。

新たな決意をしろ、全く新しい人となって始めなければならない。

皆が間違った(亡くなった)

栄進も間違った

興進も間違った、先に行った

孝進も間違った

絶対信仰、絶対愛、絶対服従する祝福家庭にならなければならない。

國進が自分勝手に生きようとぞんざいにしてはならない。

お前はともかく、お前が産んだ息子娘はどうするつもりなのか?

純潔を守らなければならない。

顯進は純潔である。

(以下省略)


[1] カープカフェ 2011.9.10に公開された匿名の記事です。

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。