RSS

7.神様の摂理に対する4つの主要な質問

 


2011.12.01 文顯進 ソウルグランドヒルトンホテル

 韓国GPC祝勝会でのみ言

統一教会の祝福中心家庭は苦労をたくさんした人達です。若い頃、原理のみ言を聞いて一生を摂理に従ってきた人達です。真のお父様は、私に、一度始めた道は最後までいかなければならないと教えました。ところが、祝福中心家庭が出発した道はどんな道でしたか。最近摂理は、統一教会を立てることだと教えているそうです。だから、祝福中心家庭は、まず摂理は何なのか、摂理の主人が誰なのかを正確に知る必要があります。この核心を知らなければ、今どのような道を行かなければならないのか分かりません。私たちが摂理を知らなければ、神様も忘れてしまって、私たちのアイデンティティも失ってしまい、お父様のレガシーも守ることができません。

「摂理とは、教会を建て、祝福家庭を生かすものであり、人類の51パーセントを伝道し、民主主義システムを中心として、残りの49パーセントは、力によって、私たちの世界を作るのです」これが皆さんが最初に出発した道でしたか。これがお父様が教えて下さった摂理ですか。今のこの時代は、本当に恐ろしい時代です。私は原理的観点から摂理について語ろうと思います。

神様は、創造以前から人類に対して希望を抱いていました。人類の始祖アダムとエバが、その理想を完成することができませんでしたが、蕩減復帰、救援摂理を通して、変わらず受け継がれてきました。その摂理とは、真の愛、真の生命、真の血統が実体化された理想家庭を成すことでした。その家庭で、親と子の間の親密な家族関係の中に、神様は住みたかったのです。ですから、三大王権と四大心情圏の意味をよく理解しなければなりません。真の家庭の理想は、三代が神様の理想を中心として、協同するのものであり、このような真の家庭の基準は、創造以前から存在しました。 三代は過去、現在、未来を代表して、一瞬も止まることなく、神様の望みが人類を通して永久に持続するための基盤です。したがって、アダムとエバに期待していた希望は、教会を建て、人類を支配するためのものではなく、真の愛、真の生命、真の血統が実体化された理想家庭を実現することです。それゆえ、神様の摂理は、神様が縦的な親として、すべての人類と共にいることができる神様の下の一家族をつくることです。したがって、真のお父様は、特に平和メッセージ第1章 「神様の理想家庭と平和理想世界王国」で、最も基本的な神様と人間との関係は、親と子の関係であると言われました。私達は今、摂理の目標が何なのかを明らかに理解しました。

それでは、一度聞いてみましょう。摂理の主人は誰ですか。これを正確に知らなければなりません。 (神様です)ここに集まった祝福家庭たちは原理をよく知っていますね。ある教会の指導者は、摂理の主人がお父様だと言います。違います。摂理の主人がお父様ですか。では、もう一度聞いてみましょう。原理的な観点から見ると、メシアはどんな方ですか。メシアは復帰されたアダムです。メシアは、神様の息子の立場で、神様のみ旨をなす者です。息子が主人ですか。お父様が2001年、神様王権即位式の際に、指導者たちが必要以上にお父様を尊敬するので、お父様がどれほど叱られたのか知っていますか。「この悪いやつら、それだけお前たちは、み旨を知らなかった。神様が中心だ。私がこの道を行くのは、神様のためであり、私のためではない」ところが、指導者たちは、そんなことを知らずにいるのです。皆さんの前で、自分たちがお父様の近くで仕えているから、自分たちがお父様のみ旨を最もよく知っていると言います。それでは、最近の教会がしていることは、誰にとって良いことですか。神様ですか。真の父母様ですか。真の家庭ですか。誰にとって良いのですか。祝福中心家庭にとって良いのですか。誰にとって良いのですか。しっかりしなければなりません。統一教会の牧師たち。彼らにとって良いだけです。だから天が共にしません。最近、統一教会に天が共にいると思いますか。それとも呪われていると思いますか。正しく理解してください。摂理の主人は誰ですか。(神様です)正確に知らなければなりません。摂理の主人は神様です。

2番目の質問です。メシアは誰ですか。神様の息子として神様のみ旨を成す方です。そこに大きな問題があります。最近統一教会は、メシアに対する概念を間違って考えています。私が、神学について多くを知っていると思いますか。それとも何も知らないと思いますか。(よく知っています)神様の息子という観点から見ると、メシアはどんな方ですか。真の父母様は、神様になったでしょう。そう教えていますね。摂理のビジョンにおいて、真のお父様は絶対的に一貫していました。ところがプロジェクトにおいて、お父様は、こう語られる時もあり、ああ語られる時もあるのです。指導者はよく知っていますが、皆さんは知らないと思います。100%従って行けば、相反することも多すぎて、何もできないかもしれません。ですが皆さんには、お父様は無条件にすべて知っていると思うようにしておいて、お父様がおっしゃっていたのだから従うべきだと言うのです。ところが、顯進様は、お父様の言うことを聞かないから、サタンであるという論理じゃないですか。しかし申し訳ないですが、私はサタンではありません。すべての指導者に一度聞いてみましょう。正確に率直に言ってみてください。摂理に対してお父様は一貫性を持っておられます。

私は兄の立場から家庭全体、教会全体に責任を持つ為に、誰が悪口を言っても、抱いて行くつもりです。親を選んで生まれ、兄弟を選んで生まれて来てはいません。家庭ではどのような場合でも、抱いて行かなければならないのです。そのため、話にならない嘘を聞きながらも、何も言わずにただ黙っているのです。それは私のためではなく、神様のため、真の父母様のため、真の家庭の基準のためです。私が長男ですが、弟たちがすべての基盤を本当に欲しいなら、あげるのです。私はそのような基盤に未練はありません。ところが、私が今​​GPFを通してしようとすることは、私の仕事だと思っていません。これは天の摂理、真のお父様のレガシーを守るために始めました。これを妨害しようとすることは大きな誤りです。頭のいい泥棒であるなら、持って行って、熱心にすれば、私も祝福してあげるのですが、摂理を妨害しようとしたため、天が黙っていません。そのため、私が教えようと言うのです。誰のために。私は神様の前に、恥ずかしいことはありません。

最近、祝福家庭のためにたくさん祈っています。皆さんは、皆さんの責任が何なのか知っていますか。今のこの時代は、生きようとする者は死に、死のうとする者は生きるのです。統一教の時代は過ぎ去りました。統一教時代にこだわる人は、統一教と共に流れていきます。今の時代は、後天時代です。今の時代に必要な責任とは何ですか。統一教の牧師たちが皆さんに教えなければならないのですが、最近の牧師は牧師ですか。牧師は食口の前に、神様のみ旨、原理を守る人です。私は世界のあちこちを回って、最高宗教指導者たちに会う時、このように話します。あなたが本当に神様のみ旨のためにいる人であるなら、道はただ1つだけです。み旨は1つだけです。そのみ旨を止めるのは、教会でも、信仰でも、食口でもなく、神様です。それでは、神様のみ旨は何ですか。それから私が、神様の摂理について説明します。ところで、統一教会の牧師たちは、その立場で何を教えていますか。祝福中心家庭がみ旨に対して責任を持つには、真の家庭の一員とならなければなりません。真の愛を中心として、真の生命を立てて、真の血統を立てなければならないのに、最近、教会の中に真の愛はありますか。真の愛のために生きる人なら、誰かが誰かを殺そうとしたら、その人を殺す前に、私を先に殺せと言うはずです。ところが最近の祝福家庭はどうですか。

幼い頃から、北朝鮮の金日成をよく知っているソ•ヨンフン会長から、こんな話を一つ聞きました。金日成は、元クリスチャンだったそうです。キリスト教では、イエス様の敵を愛しなさいというみ言が根本的な教えです。ところがその時は、韓国が日本の植民地だったので「私は、敵を愛することができない」そのため、キリスト教を辞めたそうです。この話は、真のお父様と比較されます。真のお父様は子供の頃、真の愛を中心にすべての責任を持って行こうとされました。したがって、出発から考え方がそのように違いました。何を中心として。お父様は真の愛を、金日成は偽物の愛を。皆さんは、これをよく知らなければなりません。最近統一教会は、真の愛を中心とする文化を立てていますか、それとも偽りの愛を中心に立てていますか。出発が重要です。私は、この話を聞いて、韓国の歴史が始まる前、そこで、もう分かれていたことを知りました。
真の愛は、ために生きることです。主体と対象が共に発展することです。偽りの愛は、自分のために対象を利用することです。私たちの文化は何ですか。天の前に恥を知るべきです。人類の前に恥を知るべきです。だから正確に知る必要があります。摂理の主人は神様です。メシアの使命は、真の家庭を立てることです。真の家庭とは、真の愛を中心として、真の生命、真の血統を守る家庭です。その家族は、真の愛を実践し、ために生きなければなりません。それを立てることができなければ偽者です。

第三に、真の父母様と真の家庭の顕現が意味するものは何ですか。それは、人類の歴史以前から、神様の願いであった理想です。何のために神様が真の家庭を立てましたか。最初の平和メッセージの題目が神様の理想家庭と平和理想世界王国です。「平和」アダム家庭で、カインがアベルを殺した時、どんな先例を残しましたか。最初の家庭で失敗によって生まれた葛藤と反目を通して、人類は互いに殺しあい、破壊する歴史を繰り返してきました。最初の理想家庭とは、すべての人類が団結して、平和で繁栄することができる器を胎動させ、すべての葛藤と反目、そして分派主義と憎しみを終らせる源泉とならなければなりません。神様の摂理的方向に従って、すべての人類を救うことがメシヤの使命です。理想家庭は、神様の摂理的方向に従って、神様の下の一家族の世界を建設する先例を残さなければなりません。そこには一つの方向しかありません。原理も一つだけしかありません。価値も、ために生きる真の愛の価値しかありません。

教会の中で分裂を起こすのは誰ですか。私は13年前、公職を出発して歩んできた道を、今もずっと歩んでいます。それは、神様の摂理の方向です。教会はお父様を代表し、顯進様は郭グループを代表するので、食口はどちらを選ぶのかと迫るのは誰ですか。この論理がどれだけおかしいことですか。教会では、私がとても傲慢でお父様の指示を聞かないと言うのです。仮にそれが正しいとしましょう​​。そんな人が、郭牧師の言う事を聞くと思いますか。とんでもない論理です。あきれます。私がもっと呆れたのは、食口がそれをまた信じるのです。本当に皆さんが、私が郭牧師の言葉を聞くと思いますか。そう思っている人は、私が誰なのか、本当に何も知らないのです。彼らの主張は、全く話にならないし、矛盾した論理を継続して作っているのです。さらに驚くべきことは、そのような論理を聞いて付いて行き、実際に信じる食口もいるということです。私は、私の行くべき道を正確に知っています。ところで皆さんは、皆さんが行くべき道を正確に知っていますか。

四番目の質問です。祝福家庭の責任は何ですか。祝福家庭は、拡大された真の家庭の家族です。皆さんは、真の愛、真の生命、真の血統に根ざした真の家庭の理想を成し遂げなければならない5%の責任があります。祝福中心家庭というのは、皆さんが命の木に接ぎ木された人なので、皆さんも真の家庭の理想を成し遂げなければならない5%の責任があるのです。皆さんは、誰もが、いつかは霊界に行きます。そこで皆さんの生活を審判する基準は、教会の牧師が皆さんの努力を認めたのか、祝福家庭という名前を持っているか、剥奪されたのか、というところにあるのではなく、皆さんが、真の家庭の基準を守って生きたのかということです。

私が一人の牧師に、なぜそのように教えるのかと聞いてみました。「しかたがありません。そうしろというので」と答えました。それは違います。摂理のために生きなければならない人が、自分たちの暮らしため、摂理と原理が滅びようとするこの時代に黙って付いて行くのは、その人にも同じ責任があります。指導者という立場は恐ろしい立場です。指導者が間違って教えたことは、自分の命だけではなく、指導する人の命にも責任を持って、自分の先祖と子孫たちにも責任を持たなければなりません。そのような人が霊界に行けば、どれほど頭の痛いことか、統一教の牧師がどれほど恐ろしい立場にいるか分かりますか。月給がなくなると心配する人は、統一教にいてはならないのです。死のうとする者は生き、生きようとする者は死ぬと言いました。統一教の指導者は、もう一つの道だけしか残されていません。神様の前で、真の家庭の前で、すべての食口の前で、正しく真実を報告しなければなりません。そうできなければ、もう死んだ人です。そのために、私は彼らのために祈っています。ここに統一教の指導者がいれば、正しく理解しなければなりません。霊界はすでに、すべてを知っています。いくら逃げようとしても、私が、食口全体に神様の摂理についての原理的な基準を教えれば、自分で自分の良心が自分を突き刺し、追い出し、審判するでしょう。

ですからお父様はこう言われました。「蕩減復帰時代では、神様と私たち祝福中心家庭全体に対して責任を持ってきた。しかし、後天時代には、祝福家庭が神様の息子娘として、み旨の主人となって、天の基準を立てなければならない。この責任をできなければ、祝福を受けても天が祝福中心家庭として認めないだろう」皆さんが責任をできなければ、天の前に祝福中心家庭として立つことができません。正確に知っておいてください。霊界に行くときは、良心の鏡に照らされた天の孝子の基準を持っていきます。

今のこの時代は、収穫の春です。統一運動の歴史を振り返ってみれば、私達は、極寒のような迫害の時期を通過してきました。今のこの時代は、神様の下の一家族という摂理的なビジョンに確信を持って、投入した祝福家庭が認められ、世界のあちこちで、このメッセージに主人意識を持って、立ち上がる人が、共にこのビジョンを実現する時です。今日、私達がここで祝うのは、私の勝利ではありません。 GPFという一団体を祝うのでもありません。神様の摂理が、この地で、実体的に勝利することを祝う場です。何よりも重要なのは、真の父母様と真の家庭が、人類の歴史の始まりから、神様が基準に立ててくださった、ために生きる人生を実体化したことを、天と地の前に認められてお祝いする場です。

真のお父様のレガシーは、500冊以上のみ言集、平和メッセージ、自叙伝などに記録されており、その人生は、人類​​の歴史の始まってから存在していた神様の基準に基づいて生きてきた生涯です。今日は、そのような真の父母様の生涯と業績が公認される日です。同時にこの場は、真の父母様の生涯を通して、人類に向けた神様の夢に対する主人として、摂理のために一生を捧げた守護者として、普遍的な原理と価値を実践する人生の路程を見せてくださった真の孝子の先例を記念する場です。私はそのような伝統を、私の生涯を通して守り、真のお父様を通して感銘を受けた摂理と原理に主人意識を持って、その使命を子孫代々に受け継がれた歴史の中で、必ず実現します。

私は今日、兄として、皆さんの前に立ちました。弟の立場にいらっしゃる皆さんも真の息子娘として、このような精神を持って進むことを願います。服従に縛られた僕や奴隷としてではなく、息子娘として、天の前に真の息子娘、天と地の前に成熟した息子娘として、真のお父様が見せてくださった、真の愛のレガシーを実践しましょう​​。

私たちは、誇りを持たなければならない内容があまりにも沢山あります。現在のめまぐるしい状況ではなく、神様の摂理を中心として未来を眺めると、希望と発展があるのみです。私に同情しないでください。自分に同情しないでください。私たちに多くの課題がありますが、これは皆さんが成熟した息子娘となって、神様のみ旨を私たちが肩に担いで行く良い機会です。真のお父様が私に頼まれた言葉をもう一度思い出します。「最後まで行かなければならない」

私は行ったり来たりする人ではありません。最後に、皆さんに挑戦すべき課題を投げかけながら、終わります。摂理の主人になりたい人は手をあげて、神様と真の父母様の前にアジュ(アジュ)アジュ(アジュ)アジュ(アジュ)アジュ(アジュ)

ありがとうございました。

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。